地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ

水滴写真家 浅井美紀さんが選ぶマイベストレンズはコレ!

更新日:

水滴写真家で有名な浅井美紀さん。過去の記事でも何度かご紹介しましたがある雑誌を読んでいて写真家が選ぶマイベストレンズのコーナーで浅井美紀さんがおすすめするレンズが気になったので今回書いてみようと思います。

道具があれば意外とカンタン?花のしずく写真にチャレンジ!
みなさんは幸せのしずくという写真集で有名な浅井美紀さんをご存知ですか?花びらにしずくを落として向こう側の花などを写り込ませた写真だったり小さいアリに水滴を吸...

特殊レンズが別世界を作り出す!

さっそく今回の本題、浅井美紀さんのマイベストレンズは

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト(Canon)

こんな感じのレンズですが、普通のマクロレンズと何が違うかというと、等倍から5倍まで行けるレンズです。わかりやすく言うと通常のマクロレンズよりも更にめちゃくちゃ寄れちゃうレンズです。僕もこのレンズは持っていないので文章で表現を書くとすれば地面の砂を撮った時に等倍では砂のままですが倍率をどんどん上げていくにつれ5倍の時に1mmも満たない1粒の砂がダイヤモンドの原石のように見えるみたいです。
※デジタルカメラマガジン2016年11月号より一部抜粋

浅井美紀さんのきれいな水滴写真の作品はこのレンズからも生まれてるんですね。ちなみに浅井さんは等倍は2倍で撮影しているそうです。撮るものによって倍率を合わせてですが、5倍クラスになると昆虫の目玉の拡大写真だったりもよく見ます。網網みたいな目でちょっと気持ち悪いですが仮面ライダーみたいですごいのも撮れそうですね。

梅雨時期など外の撮影が難しいときなど室内で作品作りなんかもいいですね。

 

 

水滴マクロの撮り方の解説

今回の記事を書く時に調べていたら、ソニーの公式ページにわかりやすい解説がありましたので参考までに

水滴と光で咲く奇跡の花。春の一瞬を切り取るマクロ撮影術 | 月刊「旅する大人のソニー」 | ソニー
この春、挑戦したいのは「見たことのない花」の写真。マクロの世界を映す「水滴写真」で、花を撮るだけでなく、見たことのない“花をつくる”写真の撮り方を紹介しています。

見てもらったらわかるのですが、基本の7つ道具が紹介されていて「なるほど」と思ったので今度試してみたいと思います。

・ペットボトル(500ml)
・スポイト
・はさみ
・ミニ三脚
・LEDライト
・カラーセロハン(透明折り紙)
・簡易レフ(白い画用紙など)

これ以外にも小さいものを仮止めするための粘土黒いお盆などもあったら良いですね。撮影する花はガーベラがオススメ!カラフルですし張りもある花なので最適かも。

さいごに

上記に写真は全く無知の状態で撮ってみたものです。今はまだこんなのしかなくって...。ここ石川県も梅雨入りしたみたいなので、今度ちゃんとしたものを撮りたいと思います。

みなさんの参考になれば幸いです。もしかしたら面白い発想なんかも生まれるかもですね。とりあえず数年前に捕獲したタンポポの綿がまだ家の何処かにあると思うのでそれでも撮ってみようかな(笑)

 







-カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.