地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ

近所の桜に物語がある。

投稿日:

気がつけば4月、春ですね。久しぶりの更新となってしまいました。。何をしていたかというと、初めて個展をさせていただいておりました。その準備とかいろいろあって、更新を後回しにしてしまってました。。

全国的に桜前線が徐々に上がってきて今週末くらいから北陸の方でも満開予報がでて楽しみです。みなさんは今年はどこで撮りたいなどありますか??

絶景の桜風景ももちろん良いですが、桜って結構身近なものなので、家の近所にもたくさん咲いていると思うんですね。特別な場所ではなくちょっと近所の公園まで行くだけで日常の中にある暖かい風景がたくさんあると思いますよ。ぜひ今年は車ではなく家からカメラだけ持って出歩いてみてください。オススメは標準の単焦点レンズだけ付けて行くこと。35mmとか50mmとかあるけれど、好みなのでお好きなものでいいと思います。もともと僕も50mm派だったんですけど、最近はもっぱら35mmばっかりです。ちなみにiphoneの焦点距離(35mm換算)は型によって微妙に違いますがだいたい28mm〜29mmとそこそこ広角よりです。普段撮ってる方はだいたいの広さがイメージしやすいかと思います。日常を広く撮るなら撮りやすい35mmあたりがちょうど良いかな??

といっても同じ35mmや50mmでも種類は様々あります。それにそれぞれ特性も違い、好みも変わってくるので僕でも何台か買い替えしたり買い足ししたりです。とりあえず、持っていない方で初めて単焦点レンズをという方向けとすでに持ってはいるけど買い替えにオススメのを紹介したいと思います。

はじめての単焦点レンズ

キヤノンの純正35mmの単焦点レンズです。F値も2.0なのでちょうどいいし「IS」=手ブレ抑制機能もあるので安心して撮影できますね。新品で58,000円くらいで中古で39,000円くらいでしょうか。発売が2012年なのでちょっと古めかもしれませんがその分安いのでいいと思います。

キヤノンの純正の50mmの単焦点レンズです。こちらはよくフルサイズ一眼レフを購入の時に一緒に購入されるレンズ人気ナンバー1ですね(笑)自分もそうでしたが、カメラボディに予算全部突っ込んでしまってレンズ買うお金がなく、とりあえず買ったレンズでした。でもこれがなかなかいい仕事してくれるレンズで、今もずっと持っています。価格も15,000円程度で新品買えますので、そのくらいであれば新品の購入がおすすめです。

次に使ってみたい単焦点レンズ

こちらは先日新しく発売したケンコー・トキナーの50mmの単焦点レンズです。昔トキナーのレンズ持っていましたが、特性として高解像度、高コントラストがダントツに優れていて派手な印象があります。写真にインパクトが出て映えるレンズだと思います。公式サイトに作例が出ていますが、ちょっと参考にならないので実際に使ってみたい。。ボケもきれいな丸でいい感じそうですので、ちょっと次買ってみようかな〜って方には候補にしてみてはいかがでしょうか?

35mmはシグマのアートラインをおすすめ。なんだかんだ言っても長く使っています。こちらも高解像度でしっかりしていますし値段も手頃なので良いですよ。開放にしても強いので今までにない迫力のある画が撮れるのではないでしょうか?ぜひ使ってみてください。

まとめ

今回は春に身近な日常を撮影するにオススメは標準の単焦点レンズを紹介しました。他にもたくさん種類があるのでいろいろ探してみてください。ゆる〜く歩いて春を探してみてください。きっと素敵な日常や物語があるはずです。







-カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.