地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

アイテム カメラネタ

GODOXからも円形クリップオンストロボ発売!そして安価

投稿日:

みなさん数年前にプロフォトから発売したA1の時の衝撃は覚えていますでしょうか?とても画期的で小さなスタジオストロボとしても使える!ってなりましたね。その特徴的な円形の形とクリップオンストロボではありそうでなかったモデリングランプ機能。その全てが金揃えゴドックスから似たような商品が発売されました。値段もさすがゴドックス。プロフォトでは10万円近くしていましたがAmazonで33,000円〜購入可能でした。。。びっくりですよね。。実際に使ってはいないので詳しい使用感などはわかりませんが、実際に周りの知り合いも結構ゴドックスユーザーもおりますので安心して使えるアイテムではないかと思います。

GODOX V1

もちろん無線制御システムを使えばモノブロックとの優れた互換性を発揮します。

※V1の後に続くアルファベットの頭文字が対応メーカーになるので注意

※こちらがバッテリーが2個や有償の付属品がいろいろ入ってるセット

これがリモートトリガーで8,500円くらい。プロフォトだと40,000円近くするのでこれまた安く済みますね。。しかも1/8000秒までの高速同調も可能っていいな〜意外にこの機能ってついてないんですよね。

せっかくなのでこんなものも

ストロボが揃ったら早速撮りたいってなると思いますが、今の段階ではカメラのヘッド部分に付けるだけの撮影しかできません。せっかくトリガーも一緒に買って撮影の幅を広げるなら自分の好きな位置にストロボを置いて撮影したいですよね。そんな時に必要なものがコレ!

マンフロットのナノポールキットです。要するにスタンドとクリップオンストロボをつなげるアダプターです。なんでマンフロットか?ってもっとノーブランドで安いのあるのでは?と思った方もいるかと思いますが、全部が安物だと本当にいい買い物とは言えません。安くていいものは安く。多少高くても壊れにくいものは良いメーカーの物を。ストロボなどは基本機械物で消耗品です。スタンド系は今までの経験上マンフロットが神メーカーです。丈夫で一生とは言えませんがかなり長年使っています。なのでスタンドや三脚系はマンフロットを自分も使っているしお勧めしています。

まとめ

こんな感じでした。いろんなカメラ雑誌などでも今月のおすすめ商品などで紹介されていますので注目のアイテムですね!今までは単三電池が主流だったのですが、昨今のクリップオンストロボはリチウム電池を使用するものが増えてきましたね。その方が発光回数やチャージングの時間なども早いそうです。確かにそれには超したことがありませんが、予め予備バッテリーをたくさん購入しないといけないのでランニングコスト的なことを考えるとどうなんかな〜っと難しい判断になってきます。実際に僕はプロフォトのA1を使用していますが、フル充電のバッテリーで撮影2回、撮影枚数1500枚くらいかな〜って感じですが、発光の強さや回数にもよるので一概には言えませんが軽く参考になればと思います。

モデル撮影であると撮影の幅が大きく広がりますのでぜひこの機会に本格的なストロボを使ってみてはいかがでしょうか?







-アイテム, カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.