地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ 撮影ネタ

真上やローアングルなど自由度の高い三脚と角形NDフィルター1000での作例

投稿日:

気がつけば12月。。今年はコロナの影響で上半期は全然だったのですが、下半期はその反動なのか、めちゃくちゃ忙しい日々が続いて、やっと少し落ち着きが持てるようになりました。。。(笑)K&Fコンセプトさんから作例を提出しないといけなかったのですが、撮影に行けるタイミングがなかなかなく、まだもう少しタイミングを見て撮りにいきたかったのですが、追々更新して行こうかと思います。お得に使えるクーポンコードの期限もあるので、今の現状での使い心地や作例などアップしたいと思います。

今回紹介したいのは三脚とNDフィルター1000です。両方とも第一印象は、作り、クオリティー共に完成度が高いと本当に思いました。値段的に心配と思う方もいるかとお見ますが、正直いい物です。

公式ウェブサイトの製品リンク
コード10%オフ:KFJP10
コード利用可能時間:2020.3.24〜2020..12.31
定価:13,689円

この三脚のいいところは画像を見ての通りボールジョイント部分が折れて真上の撮影などが可能なタイプです。今は海外のメーカーさんの製品もこのような機能がついているものも目につくようになってきましたが、この金額設定でついているものはほぼないと思います。また柱がない分コンパクトに収まる形になりますのでカメラバッグ等にも収納する事ができるタイプです。

一脚部分には冬場の対策でスポンジがついています!これが冬になると金属部分が冷たくなるので、意外に大切なんですよね。(笑)

自由雲台にアルカスイス対応のシューなので汎用性も高いものになります。付属に専用バッグ付きといたせり尽せりですね♩

下はほぼ地面ギリギリまで三脚が設置可能でローアングル固定撮影ができるってすごいですよね!マクロ撮影で下からのあおり写真にもブレ防止やスローシャッターができます。上はMAX239cmまで伸ばす事ができます!もう手が届きませんよね(笑)しかし人に囲まれての撮影時など頭ひとつ出せるって結構大事な場面に活躍しそうですね!

真上に向けて星空を撮影しました。

夏に撮影した天の川です。魚眼レンズを使っています。昼間でもかわいい雲の日に同じような撮影をすると地球みたいな面白い写真が撮れますよ!

公式ウェブサイトの製品リンク
コード10%オフ:KFJP10 コード
利用可能時間:2020.10.27-2020.12.31
定価:7,822円

続いてはND1000です。フィルターの中でも個人的には一番好きなフィルターです。なぜかというと、非常に色が濃いので、昼間でもスローシャッターが可能で、グッと作品力が増すからです。こちらのセットはフィルターとフィルター径の49mm〜82mmのアダプターリング付きです。角形フィルターなので、お持ちのレンズでまず全て行けると思います。(フィルターの装着ができないタイプのレンズは不可)専用ケースも使い勝手が良く、紐を引っ張るとフィルターが出てきて取り出しやすい構造になっていました♩これがかなり重宝しています♩

全部付きでこれは本当におすすめ!

実際にND1000で撮影した様々なシチュエーション撮影を載せてみます。水辺に寄って水の流れを滑らかにしたような写真。引きで雲のを動かして少し動きのあるような写真。いづれにしても立体的になって作品力が上がりますね。静と動をうまく使って表現するには必須アイテムかと思います♩

作例が少ないですが、また撮影に行く機会がある際は、持って行って作例を増やしたいと思います。

私事ですがついに中判デジタルカメラを購入しました。さすが、ラージフォーマットといったところで写りがエグいです(笑)







-カメラネタ, 撮影ネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.