地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ 撮影ネタ

一眼レフ初心者必見!レンズの種類を徹底解説!標準レンズで40mmにこだわる理由。広角〜標準編

更新日:

レンズにはそれぞれ種類があります。自分のレンズに必ず記載しています。レンズの先っぽとか側面をよくよくみてみそ?ズームレンズであれば○○mm-○○mm、単焦点レンズだったら○○mmって書いてあるはずです。その○○mmというのが焦点距離つまりレンズの種類になります。ちなみにその〇〇mmの数字って何?ってことなんですが、たぶんデジタルでいえばセンサーまでの距離だと思います。(簡単ですいません)最初に言った○○mm-○○mmって書いてあるレンズはズームレンズです。例えば24mm-70mmだったら24mmから70mmまでの域が撮れるレンズになります。ズームリングを回すと「クーイン」って伸びたりします。もうひとつの単焦点レンズと言ったら50mmとか決まった焦点距離でしか撮れないレンズです。自分の足で近づいたり離れたり好きな場所まで自分で動いて撮ります。単焦点のいいところはレンズの構造が単焦点の方が良いって言われます。例えばボケがキレイとか。個人的にも単焦点レンズたくさん持ってる方がいいかなって思います。

 

魚眼レンズ(8mmとか10mm)

_MG_7337_r 2_original

ちょっと特殊ですが、魚眼レンズといって周りが丸く広く「ぶわー」って撮れるレンズですね。昔にTHE DOGってでかっ鼻のワンコが流行ったことがありますが、その時に使っていたと思われるレンズです。建築物とかなんかも撮ると非常に面白いですよね。空を撮っても地球みたいになるので素敵♪そんなに安くないけど、一個遊びレンズとして持っておきたい代物。。。(誰か買って〜)

超広角レンズ(12mmとか16mm)

_MG_9646

次に超広角レンズ。魚眼ほどではないが、これでも結構広く撮れるレンズです。狭い建物でもびっくりするくらい広く撮れます。広角しか使ったことない人ももう一回り広く取るとより迫力があったりダイナミックに撮れたりできるので結構に人気あると思います。やはり「おぉーーー」ってなる写真は迫力ありますよね。

広角レンズ(18mmとか24mm)

_MG_9530

_MG_0423

これが定番広角域になってきます。広角写真ってなかなか難しいです。広く撮る分構図だったりとかしっかり考えないといけないとかいろいろ考えてしまいます。。。でも僕は広角レンズが好きです!(笑)一番好きかもな〜でもこれは普段なにを撮るのが好きかにもよるし僕は風景写真とか好きからかもしれません。ズームレンズもあるけど、単焦点レンズの広角とかF値も明るいし星空撮影とかにもってこいですのでオススメです!星空撮影に必須条件は広角で明るいレンズです。僕はカールツァイスのディスタゴンF2.8/21mmの単焦点レンズを持っていますがめちゃくちゃ最高です。高い買い物でしたが全く後悔なく満足です。一度使ったら止められないレンズですよ〜(笑)その下にSIGMAの20mmの単焦点でF1.4のレンズ。これはやばい!ほしい!20mmの広さで明るさF1.4もあれば星空きっと綺麗にとれるやろ〜な〜。。。3つめは広角から標準域で活躍できる同じくシグマの最高峰グレードArt(アート)シリーズの24-35mmです。これも明るさF2もあるので十分明るいので星空もいけますね。

 

 

 

標準レンズ(35mmとか50mm)

_MG_0278_original

標準レンズが一番定番中の定番♪マストですね!とりあえず標準レンズから揃える人も多いのではないでしょうか。理由としては、一般的に一番人間の視覚に近いとか言われます。今自分が見ているものがそのまま映し出されるとか、日常取りとかにピッタリな感じがします。ここでタイトルでもあります。40mmにこだわる理由なのですが、35mmだったり50mmなのに間の40mm。これが僕的に一番ちょうど良かったんです。35mmの時は、気持ち広くってもう少し寄った感じが。。。って50mmで撮るとちょっと寄りすぎ。(狭すぎ)って感じでもう一つ広く撮れればな〜っと行き着いたのが40mm。使ってみるとしっくりきた。求めていたのはコレ。ってなり今では結構こればっかりで撮っています。もちろん日常スナップではね。キヤノンの40mmF2.8の単焦点レンズなんですが欲を言えばもう少し明るいレンズだとうれしいな〜ってくらいでその他は不満ないです。安いしおすすめ!

もうひとつは上記で広角レンズでも持ってるカールツァイスのプラナーシリーズの50mmです。これはなんて言っても「その場の空気までも撮れる」レンズとして有名。実際ぼくも本当かよ〜ってなって実際に使ってみると本当に空気までも映り込む写真になりました。(笑)これも手放せないマストなレンズです。

 

 

次回中望遠、望遠編へ続く

とりあえず話が長くなるので2回に分けました。今回はまず広いレンズから標準レンズまでご紹介しました。写真も過去のを引っ張り出してきたのですが、整理できていなくってほんの一部しか載せていませんが、また機会があれば載せたいと思います!次になんのレンズを買おうか迷ってる方にも参考になればと思います。まーなんにせよお金がかかります。これが俗に言う「レンズ沼」ってヤツです。(笑)次回もう一段階、中望遠と望遠レンズをご紹介します!







-カメラネタ, 撮影ネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.