地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

その他 カメラネタ

な、な、なんと!容量無制限でRAWまで保存できるクラウドサービスがあった!しかも格安!

更新日:

過去何回か写真の保存について書いてきましたが、以前にも月額300円でアルバムを無制限で作成できる「30days Albam」を紹介し実際に自分もこれを利用していますが、なんと今回それを超えるクラウドサービスを知りました。それはAmazonが行っているサービスで「プライム フォト」です。実はこれがこんなに熱いとは思っていませんでした。前にもプライムビデオなどでご紹介したことはあったのですが、その時は、ビデオネタがメインでプライムフォトは軽く紹介程度でその時点では、僕も30daysみたいな感じでと思っていたので、そこまで意識はしていませんでした。何がすごいのか?何が超えるのか?を順番に説明します。

他のクラウドサービスとの違いは?

では、具体的に何がそんなにすごいのか?それは、「RAW」データーでも容量無制限で保存が可能になりました!これは、僕も様々なサービスを比較して探していましたが、なかなかありませんでした。あったとしても有料プランでも結構ランニングコストがかかったりして話にならなかったり。。。今まで使っていた30daysアルバムは「jpg」保存のみでした。

他にもRAWごと保存できるクラウドサービス例

ドロップボックス(PROプラン)1TBで月額 1,200円
gooleフォト(有料プラン)1TBで月額9.99ドル〜

プライムフォトの特徴

○保存容量無制限
○RAWデーターを無劣化で保存
○もちろんjpgも無劣化で保存可能
※無劣化なので1枚当たりのファイルサイズは大きいです。

<対応しているRAW>
・Nikon (NEFファイル)
Canon (CR2ファイル)
Sony (ARWファイル) などなど

何がおまけかはわかりませんが、アマゾンのプライム会員なので他にも様々なサービスもついてきます。上記で説明したプライムビデオやアマゾンでのお買い物でもプライム会員限定の特典が定期的にあるし発送も早いのでだいたいは次の日に届きます。

そこまでついて年間費たったの3,900円!

Amazonプライム会員になる!

RAW画像で保存できるって何がいいの?

ここに来てなんですが、RAWで保存できる最大のメリットは、RAW現像の元となる写真データーなので改めて編集が可能になります。また無劣化なのでオリジナルサイズのままの保存が可能ってことは、わざわざ画像小さくしなくってもそのままあげれますし、プリントなどする際も安心して大きくプリントできます。

 

専用の公式アプリもあり!

「AmazonのPrime Photos」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。AmazonのPrime Photosをダウンロードして iPhone、...

これがあれば、スマホの中の大切な写真も容量を気にせずバックアップもできます。

Amazon Driveに写真、ビデオ、ファイルを安全に保存し、あらゆるデバイスでどこからでもアクセスできます。

プライムフォトの使い方は主にパソコン内にアプリをインストールするか、ブラウザー上でアクセス可能なのでいつでもどこでも閲覧、編集、ダウンロードが可能です。

 

まとめ

ちょうど今回のネタは2017年1月号のアサヒカメラでも紹介されていて改めてみると「うそーん」って思い調べてみたらほんとやったって話です。自分ももともとプライム会員だったのでラッキーって感じでしたが、改めてAmazonのプライム会員ってお得なことしかなかったと改めて思いました。ただ、これでもちょっと不安要素もあります。現在のプライム会員の年間費は確かに3,900円なのですが、これがいつまでこの値段で続く買った話です。こんなに太っ腹なことが本当に長く続くんであろうか?(笑)ちなみにアメリカのアマゾンのプライム会員の年間費は99ドルと日本の約3倍くらいします。なんで?(笑)

とりあえず、写真の保存先でクラウドサービスの利用を考えている方は1ヶ月のお試し無料期間もあるので一回使ってみて合わなかったら削除すればいいかなと思いますので、よかったら試してみてはいかがでしょうか?







-その他, カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.