地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ

フィルム写真×デジタル写真=フィルデジ!今まさに人気沸騰中!その理由とは?

更新日:

以前の記事にも書きました「フィルデジ」が大変好評で今回はもう少し掘り起こした話を書こうかと思います。

そもそもフィルデジって?

写ルンですやチェキなどフィルム写真ブームがあって今最近また写真家やアマチュアさんの中でフィルムブームが再来しています。昔は撮り終えたフィルムをお店に持って行って現像、L版などにプリントしてアルバムにしまうといった流れで終わっていましたが昨今はデジタルデーターとしてももらえるようになりデジタル写真としても楽しめる手軽さからデジタル写真をフィルムカメラで使えることから写真家の小林幹幸さんがこれを「フィルデジ」と命名されたことからそうゆうワードが生まれました。

 

フィルデジの楽しみ方

では、このフィルデジを楽しむにはどうすれば良いのか?ネガ現像したフィルムをスキャンしたjpgをCD-R等に焼いてくれるサービスは今までにもありましたがSNS時代の今デジタル写真の方がいろんな使い方があり盛り上がっています。例えば、複数の友だちにLINEなどで気軽に送れる。オンラインアルバムに残せておける。自分でフォトブックなどで写真集が作れるなどなど様々。スキャナーもハイスペックなものもキヤノンやエプソンからも出ているので自身でスキャンなども行える点からA3サイズなど大きなプリントまで自宅で可能になりました。さらにそのスキャンの際にtiffなどで読み込みphotoshop LightroomなどでRAW現像のようにレタッチなどもできよりこだわった作品が作れるのも魅力。

フィルム撮影

お店で現像

デジタルデーターにする

・SNSに載せる
・フォトブック作成
・レタッチ作業
・作品プリント
・オンラインアルバムに残す

楽しむために必要なもの

スキャナー

お店でもデジタルデーターを有料でもらうことはできますが、回数を重ねるごとに買ったほうが安いんじゃね?ってなりますので、定期的にスキャンする機会が多くなるのであればスキャナーを買ったほうがいいです。種類も価格もピンキリですが、安価なものは画素数が低いので小さいサイズでしかスキャンできないのである程度スペックの高いものがオススメです。

オンラインアルバム

大切な写真を残すのに容量無制限で気にせずアップロードでき、友だちとも共有できるサービスがたくさんあります。個人的に実際に使っててオススメなのが30daysアルバムです。月額300円かかりますが使いやすいです。

フォトブック

ある程度テーマに沿った作品が集まったらぜひフォトブックを作りましょう。例えば旅行や1年間の記録などキリのいい感じで作ることをオススメします。家族の記念や誕生日プレゼントなどにもオススメですし今の時代のフォトブックがかなり安価になりました。じゃんじゃん作りましょう!


まとめ

どうでしたか?いままた再熱しているフィルム写真。逆に今だから手軽に楽しめるようになったのかもしれませんね。カメラ自体も最低限使えるものであれば、安価で買えてしまいます。ですが、ちょっと深刻問題もあります。例えばフィルム自体がどんどん需要がなくなってきたりして種類がなくなってきています。そして現像する写真屋さんも現像する人が減れば仕事もなくなりフィルムを現像するための液や機材などにも維持するためのコストも維持できなくなり外注などに頼むお店も増えてきていて時間も料金もかかります。それにデジタルようにバシャバシャ撮ろうと思うとデジタルカメラと違ってランニングコストもかかります。フィルムの管理にもきちんと記録ようにメモを書くなどファイリングも大切です。デジタルに取り込んでしまえば、もういらないってことはないようにしましょうね。きっと何十年後に見た時にグッとくるかもしれませんよ?もう少しフィルムの需要も上がればもしかすると新商品なども出るかもしれませんね。できればもっともっとフィルム写真の需要も増えて欲しいです。

 







-カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.