地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ

本格的な撮影にテレワークにピッタリなLED照明を見つけた!

投稿日:

動画撮影の照明に必需品のLED照明。昔の白熱球とは違って、軽量薄型、電球が熱くならないなどの安全性、色温度などや光量の調整などもでき大変便利な点からyoutubeなどの動画撮影によく目にする機会も多いのではないでしょうか?仕事の場でも、いつ何時オンラインでの打ち合わせが入ったりテレワークでの機会にも照明が必要な場面が結構あります。僕も家でする機会もあるのですが、結構暗かったり、照明が暖色系でお酒も飲んでいないのに顔色が赤かったりして恥ずかしい場面もありました。(笑)

そんな中、ちょうどいいものを紹介を受けました。5,000円〜6,000円代で買える本格的なLED照明です。

カメラのホットシュー部分につけるとこんな感じですが、このように使うというよりおすすめはオフカメラをして使用します。(カメラと分けて使用するという意味です)

このように使用することができます。付属でミニ三脚も付いています。(1/4にも対応しているのでお手持ちの三脚でももちろん使用できます)こうすることで自分の好きな位置で使用することがき、順光、サイド光、逆光など任意の光を再現できますね!このLEDライト単体で使用するのであれば、光量的に10W程度なので、料理などの物撮り(範囲が狭い)などで使用するのがおすすめですが、引きの映像でも、ある部分にアクセントをつけたいくらいだったら、これでも可能です。(元々の照明(メイン)と部分的にハイライトを入れる)

色温度もお好きな感じに調整可能。撮影する場所の環境光に合わせてホワイトバランスが調整しやすい色温度に調整できるのも本格的な撮影に最適な大きな理由の一つですね!ミックス光は中途半端に思う方もいるかもしれませんが、自然な色味を出すのにはミックス光がいいとも言われています。(環境光がない場合)

光量が弱の場合

背面はこんな感じになっていてバッテリー一つは付属しています。

ボタンを押すとバッテリーの残量が確認できるので、あとどのくらい使用出来るかなどの目安にいいですね!これ電池だとあとどのくらい電池残っているかわからないし、急に無くなったらとか、本番中に最悪ですもんね。

右側はACアダプターの口が一つと電源ボタンがあります。左側の上は色温度の調整と下は光量の調整のつまみになったいます。

一つ謎の部品があったのですが、わかりました(笑)これと同じLED照明がある際の連結に使うものでした。合体させれば、もっと大きな光量のLEDライトになりますね!

バッテリーなしでACアダプターもしっかり動作しました!ちなみにACアダプターは付属していませんでしたので、ご自分で用意が必要です。

テレワークなどディスク照明として使用するとこんな感じです。いろんな用途に使えるLED照明この金額だったら普通の照明よりも使用用途が多いこのタイプが一つあるといいですね!

10%OFFクーポン配布中

Amazonで購入すると、10% OFFとなるクーポンを配布中です。購入時にご利用ください。※有効期限は2021年9月30日まで

クーポンコード「2I3MTLT9」をコピーする

コピーが上手く出来ない場合は2I3MTLT9を入力してください。

また、K&F Conceptさんの製品ページにて購入すると、10% OFFとなるクーポン10kfjpも利用できます。※有効期限は2021年12月31日まで







-カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.