地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

アイテム カメラネタ

デカい三脚ほど持ち運ぶのが大変...持ち運びもラクですぐに撮影できる三脚ストラップが便利。

更新日:

タイトル通り三脚を持ち運ぶ際に三脚って手で持ち歩くことが多いと思います。よく撮影しに行くとカメラに三脚をつけて脚を伸ばしたまま移動する人が結構います。別にダメでもないんですけど、デカい三脚になってくると長さもそれなりになり自分の身長くらいになりますので狭い場所を通る時とか結構危ないんですよね。できれば面倒だけど、ちゃんと畳んで持ち運ぶのが理想ですね。そして手持ちの場合半端ないくらいの握力を要します(笑)

肩に掛けられればどんなに楽なことか。。

 

最初に自分が買ったのはこれです!マンフロットの190を使っていますので80サイズのものにしました。気持ち余裕がある感じで収納しやすくかなり重宝しているもので満足して使っています。見た目もかっこいいのですが、強いてデメリットを言えば、出し入れが正直面倒です。車の移動ならまだいいのですが、車を止めて歩きで移動する時に「三脚いるかな〜いらないかな〜」ってなる時があるんですね。「でも、行ってなかった時嫌だな。。」ってなって無理して持って行くのですが、いざ使う時にケースから出して出した後のケースほど邪魔なものありません(笑)まー仕方ないか。。って思いながら使っていたのですが、先日こんな便利なものがあるんだ!って知りました。

これです。「ショルダーキャリングストラップ」というものみたいです。画像で見てわかる通り三脚の頭に引っ掛けるためのフックと脚の先端に巻くためのベルトがついているタイプのストラップです。ケースとは違い三脚に直接取り付けるベルトですね!これならすぐに撮影できるし撮影後はまとめてベルトを締めるだけ!なんと便利なんでしょう。しかもケースより安いじゃん!

まとめ

ケースにしてもストラップにしても三脚を持ち運ぶ際にはこう行ったツールを使った方が効率アップになります。そして、プロ御用達の業務用のマンフロットだからこういったツールが豊富にあるんじゃないかなと思います。安くて丈夫だから長く使える三脚としてオススメのマンフロットです。っていっても今までスリックやベルボンを使っててからのマンフロットなので3メーカーしか知りませんが、一番安心して長く使っているのでやっぱオススメです。

 







-アイテム, カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.