地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ 現像ネタ

ブラウザー上で現像からウォーターマークまですべてこれで解決できる「Fotojet」

更新日:

 

いいものを知りました。

基本的にみなさん普段から現像ソフト(メーカー付属ソフトやLightroom)など使用しているとおもいますが、オンライン上でどの環境からも現像できさらに著作権侵害から守るウォーターマークまで入れれちゃうツールがありました。海外の「Fotojet」というところなんですが、実際に使って見たところいい感じでした。

一番びっくりした箇所は「選択フィルター」といってLightroomで言う所の「段階フィルター」なるものが機能としてあったところです。これって大きな違いでおそらくですが、純正付属の現像ソフトではまだないとおもいます。例えば夕日など空の明るさと地面の明るさが異なる場合などの撮影において、ハーフNDフォルターなど用いて撮るのですが、現像ソフトでも選択範囲を決めて部分的に調整が可能なのですが、この「Fotojet」でもできました。

それ以外の機能で言うと以前紹介した「Fotor」と似たような機能がありました。目的用途として、デザイン的な機能もあるのでイラストレーターやフォトショップ的な簡単な操作であればこのようなツールで完結できる感じですね。また海外ツールですが、このようなツールの需要があるんですね。

始めるとこのような画面になります。使いたい用途を選択します。

じゃーん。基本的に現像に必要な項目がズラリ。「自動最適化」もあるのでおまかせで簡単に済ますこともできますね。いろいろ遊びながらこれをするとこうなるなど感覚的に触れるので楽しいです。

それ以外の項目はこんな感じ。多重露光みたいな感じで手前背景にボケなどを入れれたり、モノクロ、セピア、フィルム風などのプリセットもたくさんありました。テキストもいろんなものが用意されており、これでウォーターマークを入れます。

実際に右下に入れて見ました。イメージはこんな感じです。テキストには不透明度も調整が可能なので透かし文字等で「sample」なども入れることが可能ですので納品前の仮画像にも使えますね。

まとめ

ちょっと簡単にこんなことできます的な説明でしたが、目的に合わせてサクッとしたい時や、友人のパソコンなどを借りた時やカフェや漫画喫茶など自分のパソコン以外の環境でもネットさえ繋がって入ればどこでも現像や加工ができるという点ではアリかもしれませんね。基本的には現像ツールといっても基礎知識さえあれば何を使ってもいいとおもいます。

 

Free Online Photo Editor - Edit Photos with Ease | FotoJet
FotoJet is an online photo editor with a wealth of photo editing options that allow you to improve any photo by adding clipart, texts, photo effects and filt...







-カメラネタ, 現像ネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.