地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

その他 アイテム

ストロボに使う電池はエネループ?それともアルカリ乾電池?答えは...

更新日:

みなさんがお使いのクリップオンストロボで使用している電池はなんですか?

エネループ?それとも乾電池?今はエネループの電池が生活に根付いていたりや知名度もあってなんとなく充電できるし節約にもなるしといった理由でエネループを使っている人も多いのではないでしょうか?自分もその一人でした。でも調べていたらもっとも参考なった理由を見つけたので書きますね。

アルカリ乾電池は長寿命だけど...

まず、使い捨てのアルカリ乾電池はそもそも長寿命が目的とされているため少しでも長く持つように作られています。なのでつかい始めた時点から少しずつ電圧が下がっていきます。今回のようなストロボで使うとなるとある一定の電圧が保てなくなると誤作動を起こすことがあります。(例えば1本だけ新品に入れ替えるなど)

それに比べてエネループなどのニッケル水素充電池は低下するギリギリまで一定の電圧を保つようにできています。エネループは何回繰り返し使えるかを重視しているからなんですね。なので一定の電圧を保つエネループはアルカリ乾電池のような誤作動はありません。なので結論から言いますと。。。

エネループ最高!

となります。あと、気になっている人も多いかもしれませんが、充電池って使い切るまで充電しない方がいいのか?使い切らなくても充電してもいいんです。むしろ使い切ってから充電するよりも高い性能を維持するのでそっちの方がいいと言われています。メーカーを目安とする2000回だの500回だのの回数に関しては目安で実際こまめに充電している場合はこの目安の回数よりも持つと思います。(実際に2000回とか数えたことないけどww)

どのエネループがいいのか?

エネループがいいとわかったなら次はエネループ プロかエネループ ライトかって話になります。メーカーの目安充電回数でもライトが2000回に対してプロは500回と記載しています。プロなのに?って思いますがその分約3倍の電圧を保つプロはストロボなどの強い電圧を求める用途であればプロが断然オススメです。安定した強い電圧をギリギリまで保ってくれますから!

 

まとめ

電池について書きましたが、まとめると使用用途に合わせて選ぶのもいいと思います。今回の表題のようなストロボ用途など強い電圧を求める際はプロ。普段の生活に使いような消耗用途だったらライトなど使い物に合わせるとより節約につながりますね。生活で使っているエネループはマウスとかキーボードはもちろん、髭剃りバリカンなど毎日使うものでも大活躍です。なんたって使い切った電池を捨てる機会が無くなり過ぎて電池ってどうやって捨てるか忘れました。(電気屋さんにもってくとか?)気づいたら我が家にはエネループの充電器が5台くらいありましたww







-その他, アイテム

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.