地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

アイテム カメラネタ

夏のボーナスの使い道はこれで決まり!星空(天の川)撮影に必要な最新アイテム

更新日:

夏のボーナスは支給されましたか?一年に二回しかない大きな買い物ができるチャンス!周りのカメラ仲間も「あれ欲しい」「これ欲しい」と欲しくて我慢していたものなど購入のタイミングを図っています(笑)

今回は梅雨が明ければ夏ということで今からの季節にもってこいのアイテムを紹介し是非夏のボーナスの使い道の候補になっていただけたらと...(笑)

星空撮影に必要な最新アイテム

明るい広角レンズ

夏の夜空には天の川が定番ですね。よく天の川を撮りたいと聞かれますが、基本的に三脚と設定さえ知って入れば撮影ができますが、やはりいい写真を撮りたいとなれば、明るい(F値が低い数値)の広角(広く撮れる)レンズが必須になります。今が旬の新しいものなど紹介!

SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM

シグマから出たまさに星空撮影にもってこいの条件のレンズです。14mmという超広角ながらF1.8という明るさがありさほど高感度センサーでないカメラでもくっきりとした天の川が映ること間違いなしでしょう!

 

SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM

こちらもシグマで20mmですが十分広角でF値がさらに明るい1.4!世界初です。上記とどちらか迷うところですが、こっちの方が星空以外にもいろんな用途があるかもですね。

丈夫な三脚

次に必要なのが三脚です。すでにお持ちの方もいるかもしれませんが、しっかりとした三脚ですか?あまりにも軽い三脚ですと撮影中に風や地面の揺れなどで撮影中にブレてしまいます。改めてしっかりとカメラボディやレンズに合わせた三脚を選ぶことをオススメします。

Manfrotto MK190XPRO3

個人的に愛用している三脚は安心の「マンフロット」です。なんだかんだ言ってこれが一番でした。海外製(イタリア)で培った使いやすさを追求してる感じと結構業務用で使っている業者が多いことから人気なのかなっと思います。

ブレ防止のレリーズ

これがあると便利です。純正から社外品までいろいろ出ていますのでお好きなメーカーのものでも大丈夫です。ただのシャッターリモコンみたいな感じですから。ない場合はカメラの機能で2秒セルフタイマーなどで代用することも可能です。要するにシャッターを押すときのブレをなくすためです。
※カメラによって差込口が違うので必ず対応機種を確認してください。

 

カメラボディ

もうこの際カメラボディも新しくしませんか?というのも、キヤノンからEOS 6D Mark2という新しいカメラが発表され旧型になる6Dが値崩れし始めて購入のタイミングです!6Dといえばフルサイズ(35mm)の入門機として有名。やはりボケなどは一味もふた味も違ってきます。長い目で考えてこれを機に新しくしてもいいかも?

Canon EOS 6D

 

 

まとめ

いかがですか?確かにちょっと高い買い物になるかもしれませんが、1年や2年でダメになるものではなく、むしろ5年〜10年は使えるものなのでそう思ったら安いもので早くにダメになるよりは長く愛着持って使っていけるものの方がいいかなっと思います。

星空撮影に関しては、撮影後の現像処理も非常に大切な作業なので現像で奥に眠っている天の川を起こしてあげてください。(笑)

 







-アイテム, カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.