地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

アイテム カメラネタ 撮影ネタ

ついに360度VRカメラに手を出してしまった。でも結果よかった。旅行にピッタリ!

更新日:

前回の記事でVRメガネが安くて思わず購入して思った以上に楽しめたと書きましたが、やはりう自分でも撮りたくなり遂にVRカメラなるものを買いました。購入を決めた際、いろいろ機種は何にしようかと考えました。

選ぶポイント

まず購入する際に何をメインにするのかを考えます。例えば予算や機能面などで逆算するとおのずと決まってきたります。今回僕がポイントとして1番優先したのは予算でした。理由はカメラとしてメインではなく旅先の思い出など撮影地の記録として使うのが目的だったので。なので予算的には安ければ安いほうがよかった。調べていくうちに大概の機種は結構本格的で動画でいうと4K対応だったり防塵防滴だったりどちらかというと業務用に近い印象でした。なのでそういった機種は10万以上費用がかかりそうで断念。手軽な予算でそこそこ撮れるものはないかと考えた結果2つの機種に絞りました。

「RICOH THETA S」

「Insta360 Nano」

予算的にはだいたい一緒なのですが、ちょっとした違いもありそこで悩んでいました。ちょっと比べてみましょう!

RICHO THETA S

カメラメーカーとして有名なリコーから出ていることもあって細かいマニュアル設定が可能(シャッタースピード優先・ISO感度優先・ホワイトバランスなど)撮る分にはこちら方が操作はしやすそうでした。天の川なども撮れそうでしたしタイムラプス撮影などもできるので面白そう。画質も5376px×2688pxなのでかなり綺麗に写真が撮れる。公式アプリもあるので安心して使える部分では大きいポイントでした。ただデメリットが動画に関して。youtubeなどで検索してもどれも画質が荒いのばかりで本当に?と思ったのですが本当にそうでした。動画に関しては1920px×1080pxだけど16Mbpsなのでそりゃ荒く感じるわなーっと。

Insta360 Nano

これはiphoneに装着して使うタイプなのでアクセサリーみたいなものかな?メリットの部分は写真も動画も画質的にはほぼ一緒で3040px×1520pxといった感じ。THETAは写真はいいけど動画がダメな部分でいうとこれは両方平均的な感じで写真も動画もOKなレベルですね。デメリットで言えば現在出ているiphoneでは6〜7までの対応。本体の形状的な部分でそうなっていると思います。自分はSEなのでそもそもNGだったけど。もし該当するiphoneをお持ちの方はこれだと平均的に手軽に使える部分では一歩先2いってる気がします。ただiphoneが新しくなり取り付けられなくなるとどうなんだろう?って感じはしますが。。。

で結果。

僕はTHETA Sにしました。理由は写真をメインにするので動画は捨てました。動画にする場合はタイムラプスという選択で十分と考えたからです。でも購入してわずか数日でネットニュースでみたのですが、なんと今年中に新しいTHETAを発表するみたいですね!(笑)ガーーン内容によると今度は4Kに対応するみたいです。

じゃーん!届きました!手持ちサイズのかわいいやつ!スペック的にもやはり「S」がいいと思います!写真だとグレイにも見えますが実際はもう少し黒っぽいです。

早速使ってみました!

鎌倉大仏 - Spherical Image - RICOH THETA

家族旅行で鎌倉に行った時の大仏の前です。画像を左右上下に動かしてみてください。実際の場所のイメージがわかると思います。魚眼に近い広角なので肝心な大仏は小さく見えますが実際がもちろん大きいです(笑)固定してた三脚も手持ちサイズのものだったので地べたに置いてたのでそれもありますが工夫して撮れば迫力のあるものになると思います。


こんなこともできたりします!これもまだ買ったばかりで、それとした写真なくてすいません。これのいいところはちゃんと現像もできるので撮った後も楽しめるところです。うまくアプリを駆使して楽しんでください。







-アイテム, カメラネタ, 撮影ネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.