地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ

待ちに待ったCANON 5D mark Ⅳやっと発表!EOSムービー大きく進化!発売前にちょっと感想。

更新日:

160825EOS_5D_Mark_IV_003

お昼ご飯を食べながらネット見てたら「なに!」っていうニュースが飛び込んできました。それはついにキヤノンが新しい5Dを発表しました!(涙)現在僕が愛用しているカメラも5Dなのですが、mark2といってもう結構前になるのですが、気にっているので長く愛用しております。もともとEOS動画に魅せられて当時ニコンを使っていたのですが、マウント替えに踏み切りキヤノンにしました。その後5Dmark3が発売され買い替えを迷ったのですが、動画に関する性能はさほど魅力的ではありませんでした。センサーが好感度になった部分は少しグラつきましたが、我慢ガマン。って感じで次に出る5Dは買いかなとずっと待ち焦がれていました。そして今日!EOS 5Dmark4は9月8日に発売を発表しました!早速5Dmark4公式サイトを確認!

そうそうたる写真家さんたちのインタビューや撮影した写真が掲載されていてどれもいい写真でした。ぜひ!

もう一つ気になったのが、BS朝日でたまに放送される『The Photographers』の第3弾が放送決定しているみたく絶対見なきゃ!見たことない人もめちゃくちゃ面白いのでぜひオススメです!撮影意欲も掻き立てられますよきっと。

さてさて本題なのですが、僕の見立てで「おぉ!」って部分の感想を書きたいと思います。

センサーについて

20160825gizmodo_5d_1

まずは、センサーはやはりパワーアップしてきましたね。フルサイズ約3040万画素!ISO感度も32000達成!なんじゃそりゃ!高感度になると暗い場所でも自然光のみでもしっかり明るさが保たれいい写真が撮れるので感度がいいセンサーなほどメリットも断然上がります。映像エンジンも飛躍的に向上!あとで紹介しますがなんたって4Kも撮れるようになったのでそれなりの処理能力もついてこなくては!

AFについて

5Dmark2には9点しかなかったAFポイントがなんと61点に進化!さらに動いているものを常に捉える性能としてレティクルAF IIになってパワーアップ!EOS iTR AFで顔や色で被写体を認識し自動追尾。さらに暗い場所でのAIサーボもAF照明とやらが搭載されたようです。

強くなったEOSムービー

14125671_1201984619872764_6725209495901578213_o

いよいよMOVIE性能について、大きく進化しました。まずは4K撮影が可能に30fpsや24fpsでmovで記録されるみたいです。さらに4Kフレームの切り出しが可能に!動画で撮った素材から静止画として切りとれることができるみたいです!それも880万画素で!すごいですね!これこれであればMOVIEで撮ってて後でいい箇所だけ写真にすることができるので決定的瞬間は絶対逃しませんね!

待ちに待った60fpsでフルHDサイズ(1920×1080)が対応してくれました。これが欲しかった。収録形式がmovだけでなく汎用性の高いmp4でも記録できるみたいです!これも地味に嬉しい。そして予想もしていなかったが、120fpsでも収録が可能になりました!これで自然なスローモーションが撮れますね。でもこれは1280×720なのでフルHDサイズではなかったです。

あとはやってみたいけどHDR(ハイダイナミックレンジ)動画も撮れるようなったと。白とびなど抑えて肉眼に近い状態に撮れるようですね。ちょっと作品っぽくって面白そう!

標準機能でタイムラプス撮影機能が搭載!今までは別のリモコンなどでタイムラプス撮影をしていたので、標準になればいつでも撮れるのでもっと残せる機会が増えそう♪

過去にタイムラプス撮影で作った作品です。

さいごに

とりあえず、5Dmark4が発表されて概要、仕様を見て感じた感想をまとめてみました。いかがだったでしょうか?結構ざっくりですが、参考になる方がいましたら幸いです。早速予約特典でいろいろ当たるみたいなので予約してみては?僕も早速嫁さんと家族会議をしてみます!(笑)







-カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.