地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

カメラネタ フィルム写真

今また中判カメラが欲しい!やっぱ全然ちがう。。

更新日:

タイトルにある中判カメラの話に入る前にそもそも中判カメラって?なる人もいるかもしれないので先にちょっぴり説明。

カメラにはいくつか種類があります。デジタルで言うセンサーサイズの大きさです。サイズ規格の一つですが、35mmフルサイズやAPS-C(エーピーエスシー)などがあります。

35mmフルサイズについて

メリットは撮影範囲が広くなるし被写界深度も浅くなるのでボケ具合が大きくなります。逆にデメリットを言うと大きくなるので重たくなり価格も高価になります。

APS-Cについて

35mmフルサイズに比べて撮影範囲が約ひと回り狭くなります。例えば50mmのレンズをつけた場合は約1.5〜1.7倍相当の画角になります。(50×1.5=75mm)フルサイズでは標準でも同じレンズをつけた場合APS-Cでは中望遠くらいになってしまいますね。メリットで言うと被写界深度が深くなるため望遠撮影には有利になります。200mmの望遠レンズを取り付けた場合300mm相当になりますので結構変わってきますよね。あと、カメラも小型化しているので安かったりします。まーでもcanonでいう7Dmark2とかくらいのハイアマチュアクラスになると決して安くはないと思うけど。。

いよいよ本題っ!

そんでもって本題に入りますが、中判カメラっていうのはそのセンサーがフルサイズよりもさらに大きくなるカメラってわけですが、上記の説明でなんとなくどういうメリットデメリットがあるか想像つきますよね?(笑)わかりやすくまとめると、よりいい写真撮れるけどデカいカメラです。(笑)もともと以前の記事にも書いたことありましたが、Mamiyaの中判フィルムカメラを持っていたのですが、もう使わなくなったし売ろう!ってなって現在は手放してありません。しかし昔の写真を見返してみるとやっぱ中判カメラで撮った写真は我ながら素敵で今見てもいいな〜ってなります。ネガフィルムとポジフィルム両方撮っていたのですが、ポジとかをライトボックスでルーペを使ってみるとなんとも楽しくて楽しくて。(笑)

dpp_0762

こんな感じで確認したりします。決してカメラはいい物を使っていたわけではないけど、愛着あったし好きなカメラでした。(売ってるけどw)そこでまたなんでやりたいと思ったかというと理由は2つあります!一つ目は、赤ちゃんが生まれるのでいい写真で残したい!からです。写真家の濱田英明さんみたいな子供の写真残せたらと企んでいます。もう一つの理由は、中判のフィルムがたくさん余っています!(笑)どんすんのこれ?ってくらい余ってて当然中判カメラがないので使えるわけなく保管しています。使用期限は切れてると思うけど使えないことないと思いそのままとりあえず残しています。。そんなこんなでやす〜い中判カメラでも買おうかな〜と。できることならPENTAXの67PROⅡが欲しい!なんで未だにあんな高いのだろうか。。。

Mamiya67PROで撮った写真

photo1

photo2

photo3

photo4

photo5

photo6

photo7

photo8

 

 







-カメラネタ, フィルム写真

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.