地元写真部の部長がカメラ・写真に関する情報を共有!初心者方に向けた優しい説明で分かりやすくおすすめをアドバイスします!

写真部部長のカメラライフマガジン

アイテム カメラネタ

【2018年夏版】旅行に!普段使いに!常に持ち運び使いやすいカメラはコレだ!

投稿日:

みなさんアローハー!ちょっと夏気分でご挨拶です(笑)夏休みのご予定はいかがでしょうか?旅行?里帰り?家族でプールや海など楽しいイベント盛りだくさんの夏ですもんね!今回はそんな旅行に普段遣いに対応できるカメラをご紹介しようかと思います!

今までも何度も買ったりはしたけど、しばらくして使わなくなったりしてそのうち古くなったりして気づいたら壊れてしまってたなんて経験したことがある人も少なくないかと思います(僕も経験あります。。)でもやっぱり常に持ち運べてサッと撮れるカメラは持っているに越したことはないです!「スマホで十分でないの?」って人もいると思いますが、やっぱり撮影できる幅のあるカメラはカメラで持っていたほうが有利ですよ。今回は旅行や持ち運びやすさに特化してご紹介します!

小は大を兼ねる?ソニーサイバーショットRX-0

まず最初にご紹介するのは「SONY Cyber-shot DSC-RX-0」です。発売から半年近く経っていますが、今までにない使い方が注目のカメラです!値段もさほど高くもなくその小さいという最大の強みを活かしたカメラは持っていても全然苦じゃないのでカバンに常に持ち歩いても気になりません。

メリット

高画質!高い描写力のあるカールツァイスレンズを使用!

まずはソニーといえばツァイスレンズですね!もちろんこのカメラも標準で使用されており高い描写力が撮れること。24mmとちょっと広角域ですが、歪みの少ない仕様になっているみたいです。用途としてスナップ撮影(日常撮り)がメインになれば非常に使いやすい画角ですね!

小さい魅力を引き出すために!

最初にも説明しましたが、その小ささが最大の強みです。小さいと持ち運ぶ以外に何かメリットあるの?と思う人もいるかと思いますが例えば、金網や鉄柵など隙間の普通のカメラだと邪魔になる場所でも編みや柵をくぐって撮ることができます!あとは、スナップで自然な雰囲気や表情を撮影したい場面でも、やはり一眼レフや普通のカメラだと圧迫感というか圧力を感じて「あ、撮られてる」て思われますが、このカメラだと撮られていることも気づかないかもしれませんね。あとは高い一脚型のポールとかに付けるとドローンのようなめちゃくちゃ高い画が撮れますね!考えただけでワクワクしますね!

 

 

水や衝撃にも強いぞ!

この手のカメラでは当たり前かもですが、防水、衝撃耐久性が強いです。うっかり落としても、海やプールなどでも大活躍間違いなしです!

デメリット

充電が切れるのが早い。。

これはデジタルカメラでのデメリットですね。よくモバイルバッテリーなどでも言えることなのですが、電池量を多く蓄えるためには大きさや重さも必然的に比例して大きくなるんですね。なのでこのRX-0のような小さいものになれば必然的にバッテリーも小さくなります。したがって電池の消耗もすぐなくなるというわけですね。替えのバッテリーもさほど高くないので購入の際はもう2個位あってもいいと思います!

 

 

フィルムカメラ時代から長い歴史を持つリコーGRⅡ

次にご紹介するのは「GR」です。一度は聞いたことある人も多いと思います。一眼レフなどもっている方でもサブ機に持っている機種として有名ですね。今までも何代へも受け継がれていて自分も初代やⅢなども持っていました。今は何代目まで出たんですかね?(笑)人気のカメラだけに継続機種が何台も出ています。

メリット

スナップ撮影に適した機能性が魅力!

28mmと日常使いに使いやすい画角にF2と明るいレンズが標準装備なので外や室内などいろんなシチュエーションで撮影が可能ですね。起動やオートフォーカスが高速なのでササッとその瞬間を逃しません。昔のカメラで「レンジファインダー」という仕様のカメラが存在しているのですが、ライカとか有名ですね!かの有名なスナップ写真家さんはカメラの絞りやシャッタースピードなど固定してピント(フォーカス)も固定し、被写体(写したい物や人)との距離で撮影していたのですが、それと同様のことができる機能で「フルプレススナップ」という機能があります。個人的にはこの機能がこのカメラの新たな魅力と思いました!使ってみたーい!国産のライカのようなカメラですね。

一眼レフのような機能が標準装備

マニュアル操作ができると一眼レフのような写真が撮れるのですが、このカメラはそれだけではなく、NDフィルターと言って通常一眼レフカメラだとレンズの先に別でフィルターを用いて撮影する方法があるんですね!例えば滝などを撮る場合など水を止めるような写真ではなく流すような写真で取る場合などにも使いますし人混みなども長くシャッターを切ることによって人がいなくなったりする撮影方法です。(※三脚は必須です)そのような機能も標準でついています。

デメリット

ゴミが入ったらメンテンスが必要

かなりの頻度で代替わりしているしアップデートの更新頻度もあるので今はデメリットと言うほどのデメリットもないかと思いますが、強いて言うならレンズ内にゴミが入った場合、一眼レフカメラであればレンズを外してブロアーなどでゴミを飛ばすことも自分でできるのですが、このカメラはレンズ一体物なのでメーカーなどにメンテナンスを出さないといけません。

 

 

使う人に合わせてできたOLYNPUS PEN-F

最後はオリンパスから出ているペン。ミラーレスカメラとして持っている人も多いカメラですね!でも、今回紹介するのはそのPENの中でも日常をありのままに撮影できる「F」です。フィルム時代からあったカメラがデジタルで復刻されたデザインでその良さは継承されて蘇った名機です。僕もカメラ雑誌を毎号いろんなものを読んでいますが、持っている写真家さんも多いですね!僕もデモ機で借りたことがあるのですが、一目惚れしましたね。。特にモノクロの種類が豊富で何気ない日常もとてもいい雰囲気で撮影でき仕上がります。

メリット

身につけるだけでファッションレベルアップ

このPENというシリーズはその名の通り字を書くペンからた来ているそうです。普段から持ち歩いているという意味もあるとメーカーの人に聞きました。ほんとそのとおりと使ったら思いましたね!首から下げていてもファッションと馴染んで普段着でもおしゃれに見えるのは僕だけでしょうか?(笑)

豊富なモノクロプロファイル

カラーはもちろんですが、このカメラはモノクロの種類がめちゃくちゃカスタマイズできるのも魅力の一つです。好みにもよるかもしれませんが、モノクロ写真って目に見える色の情報がない分、その写真が何を伝えたいのか伝わりやすいです。流行りでもないのでシンプルにかっこいいですね。

デメリット

交換レンズが必要なのが。。

デメリットというか上記で紹介したカメラはカメラ本体にレンズがくっついているカメラですが、このカメラはレンズ交換式になりますので最初にカメラをレンズを購入しないといけません。メリットといえば、レンズを交換することによって撮れる写真の幅も広くなるのでそれはそれでメリットにも変わります。ただ使い方としては日常撮りやスナップ撮影となると17mmや25mmのレンズをおすすめします!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今まさに個人的に普段から持ち運び使いやすいカメラを紹介しました。最初に書きましたがスマホで十分という方でも、スマホのロックを解除してカメラアプリを開く時間や、それ以外に旅行となればマップや調べ物でも使うので充電の問題などもあり写真を撮るならカメラがやっぱり専門的だとおもいます。一生に一度の経験、瞬間は自分の思い通りに撮れるカメラをぜひ大切に愛着持って使ってあげてください。

 

 







-アイテム, カメラネタ

Copyright© 写真部部長のカメラライフマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.